« 四国歩き遍路3巡目回顧(3-49) 8月26日 22番札所平等寺参拝3 | トップページ | 四国歩き遍路3巡目回顧(3-51) 8月26日 23番札所薬王寺へ2 »

四国歩き遍路3巡目回顧(3-50) 8月26日 23番札所薬王寺へ1

モチベーションの低下、足マメの悪化、そしてなんとも心さびしい思いにとらわれています。参拝のたびに、ウッと詰まって涙があふれて止まらない。じわじわーっと、Yac を失った悲しみでやるせなくなって来ています。彼の鎮魂と供養をねがってヘンロに来たのですが、気持がくじけつつあります。行けるところまで行くことで、気を取り直して次の札所へ出発です。

Photo 平等寺の門前から桑野川を渡りますが、その橋のたもとに「平等寺参拝無料駐車場」があります。ご多分にもれず、いまや車で参拝する人たちは、どの寺でもほぼ間違いなく駐車料金を徴収されています。『無料』であることがめずらしいので、写真に撮っておきます。あくどいのは、つい最近自転車参拝者から駐車料をトル寺があらわれた!エ~っ信じらんなぁーい、です。

Photo_2 行くほどに小高い広場、墓標がさんさんごご立ち並んでいる広場で小学校低学年の生徒たちが屋外授業を受けているのに出会いました。はじめは、ご近所の子どもたちが、世話役のおじさんとおねえさんのお話しを聞いているのかと思いました。大きなおじさんの声を聞いていますと、お遍路さんのその昔のあれこれを話していました。社会科のお勉強と分かりました。

Photo_3平等寺から3キロちょっとで番外霊場があります。そこへ行き着くまでにいくつかのユニークな道しるべを見ました。

大きい石柱は三界万霊の石碑と石仏です。おもしろいのは、小さい方で、石柱の洞に鎮座した石仏、そしてそのしたの指しるべ。左への案内はあるのですが、右へのそれは……さてどこなのかしら、文字がないのです。

Photo_4 板に描かれた仏像、そこに取り付けられた指しるべ。仏像を見極められる知識があればいいのですが、残念ながら私は無学。なにも知らないのです、このテのことは。いえ、そもそも日常性のもろもろについても無学……。それでもいままで生きてきたんだから、不思議といえば不思議、私だけじゃなくって、ってことかも。

Photo_5ゴミ集積所の烏除けのアミが据え付けられているブロック塀にチョコンと絵馬スタイルの道しるべが置いてあります。手書きのカラー絵馬です。歩きの方は右の道を行くのが近道、車の方は直進ですよ、とあります。オンナ手の絵と見当をつけました。ありがたいお接待のひとつのありかたと感心しました。

|

« 四国歩き遍路3巡目回顧(3-49) 8月26日 22番札所平等寺参拝3 | トップページ | 四国歩き遍路3巡目回顧(3-51) 8月26日 23番札所薬王寺へ2 »

四国歩き遍路3巡目回顧」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国歩き遍路3巡目回顧(3-50) 8月26日 23番札所薬王寺へ1:

« 四国歩き遍路3巡目回顧(3-49) 8月26日 22番札所平等寺参拝3 | トップページ | 四国歩き遍路3巡目回顧(3-51) 8月26日 23番札所薬王寺へ2 »