« 東京スカイツリーへ足慣らし散歩 | トップページ | 猛暑の荒川河口へウォーキング »

旧中川東京大空襲犠牲者慰霊追悼灯籠流しに行ってきました

先の大戦は、1945(昭和20)年8月15日に日本の敗戦によって終戦となりました。本日は、その65年目に当たります。

Photo

私の散歩コースの一つである旧中川で「旧中川東京大空襲犠牲者慰霊追悼灯籠流し」が行われました。

Photo_2

会場は中川にかかる江東区と江戸川区をつなぐ「ふれあい橋」のたもとです。主催は旧中川灯籠流し実行委員会です。

わたしの先輩で敬愛する半藤一利さん(旧東京府立七中〈現・都立墨田川高校〉出身)は、3月10日の東京大空襲をここより少し上流の平井橋で、九死に一生を得ました。このことは、ついさきごろ、みずからあきらかにされました。

亀戸天神近くの自宅で被災した4歳のわたしは、母親に負ぶわれてあちこちと逃げ惑い、最後には逃げ場を失って亀戸駅前を走る市電線路でうつ伏せて、なすこともなく過ごしたそうです。父をのぞく家族全員、さいわいなことに一命はとりとめましたが、母親とわたしは、左足に重い火傷を負いました。ヤケドのあとはひきつれになり、ケロイド状になりました。そのため半ズボンはずっとはきませんでした。

Photo_3

敬虔な気持で、みなさんは手書きのメッセージを添えて、慰霊灯籠を流していました。次から次へと途切れることはありませんでした。

Photo_4

老若男女みな、ふかく合掌し、祈っていました。知らず知らずのうちに、わたしはシャッターを押しながら般若心経を口にしていました。

Photo_5

風に吹かれて流されてゆきます。精霊流しでもあり慰霊でもありましょう。

Photo_6

残り少なくなった人生ですが、平和は守り続けなければならないと覚悟を新たにしました。なにはともあれ戦争は絶対に許しません。

*写真をクリックしますと、すべての画像は大きくなります。

|

« 東京スカイツリーへ足慣らし散歩 | トップページ | 猛暑の荒川河口へウォーキング »

コメント

ご報告します。
お久しぶりです。

2年程前に北海道でお会いしたトホダーの八百井です。

自分は今年6月6日に日本一周の旅を終えました。

日数としては695日掛かりました。

長いようであっという間に過ぎて行きましたが、とても充実した日々だったと思います。

体に気をつけて旅を続けて下さい。心から応援しています。

*八百井さん、おめでとう。一昨年の8月23日に北海道野付国道北方領土資料館付近の道端で、休憩しているあなたにお会いしました。そのとき、たしか7月11日に栃木から出発したとお聞きしました。そうですか、歩ききりましたか。とてもすばらしいことです。きっと、これからの人生に大いなる自信として役立つでしょう。そして、できれば全行程の記録をインターネットでアップしてほしいな。ぜひ、そうしてください。──老拙

投稿: 八百井良介 | 2010年8月22日 (日) 01:24

昭和20年5月13日生まれ...
燃えさかる家屋から、助け出された命です。

投稿: すーさん | 2010年8月16日 (月) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515248/49154569

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊追悼灯籠流しに行ってきました:

« 東京スカイツリーへ足慣らし散歩 | トップページ | 猛暑の荒川河口へウォーキング »