« 高野山天徳院宿坊に宿泊し、早朝散歩 | トップページ | 金剛峯寺と壇上伽藍の拝観 »

高野山 奥の院 弘法大師御廟参拝

ありがたや 高野の山の 岩かげに
  大師はいまだ おわしますなる──四国遍路納経帳より 

Photo

高野山 奥の院 弘法大師御廟を中の橋から参拝します。あいにくなことに小雨模様です。老杉がそびえたち、幽邃な雰囲気に浸りきります。
平成18年5月30日、第一回四国遍路の全行程を、あるきとおしました。その2日前、5月29日に四国88カ寺巡拝遍路を結願しました。その収め参りに高野山奥の院に参拝し、納めの納経をしました。カミさんを東京から呼び寄せて大阪駅で落ち合い、二人してこちらへ参拝しました。
なお、その翌日には、京都の東寺へも行き、すべての四国遍路を満願しました。
今回は、二度目の参拝となります。

奥の院への道の両側には、たしか20万基余とききましたが、びっしりと墓が立っています。貴顕はもちろんのこと、こころあるフツーのひとびとも、一般庶民たちが高野に葬られることを望んでのことでしょう。
墓の写真をずらずら並べてもナンでしょうから──記憶にとどめておきたい墓石のみを。

Photo_2

東日本大震災物故者慰霊碑、

Photo_3

小道を挟んで、阪神淡路大震災物故者慰霊碑。

Photo_4

昨今、関心をもっていくつかの書籍を選んで読んでいる、法然上人の墓所をみつけました。わかいころから読みふけった、禅をすこしはなれてみようとおもっている……。

Photo_5

芭蕉の句碑だが、文字が判読できない、いずれ落ち着いて調べてみればわかるでしょう。ここにあること自体のように、手がかりはたくさんあるのだから。

Photo_6

すがた、様子のよさげな 安芸浅野家の墓所。東京伝通院の徳川歴代の夫人たちの巨大な五輪塔をおもいおこされました。

Photo_7

この玉川の清流にかかる「御廟橋」から先は、厳しく撮影が禁じられていますので、カメラはバッグにしまいます。

奥の院 弘法大師御廟を参拝し、その地下の灯籠堂で30メートル先でお休みになっておられる弘法大師をさんぱいしました。弘法大師は即身仏です。

Photo_8

復路は脇道ですが、この塚には圧倒されました。無縁塚、なんですが……。

|

« 高野山天徳院宿坊に宿泊し、早朝散歩 | トップページ | 金剛峯寺と壇上伽藍の拝観 »

紀伊半島めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515248/64341157

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山 奥の院 弘法大師御廟参拝:

« 高野山天徳院宿坊に宿泊し、早朝散歩 | トップページ | 金剛峯寺と壇上伽藍の拝観 »