« 熊野速玉大社 参拝 | トップページ | 熊野古道中辺地をちょこっと歩く »

熊野本宮大社参拝

熊野川の岸辺がもっとも近い道の駅「瀞峡めぐりの里」で休憩。

Photo

ここから上流に奥熊野川瀞八丁の清流が伸びてます。道の駅の裏手の志古乗船場から高速ウォータージェット船が出ています。

Photo_2

どういう仕組みなのかわかりませんでしたが、船尾から水をすさまじい勢いで噴出して、水面をすべってゆきました。お客は片手ほどです。

Photo_3

さて、これから熊野本宮大社に参拝です。

Photo_4

熊野大権現の大幟が参道につづいています。
熊野権現=熊野大社(熊野三社)は、日本全国に大小とりまぜて3631社もある「熊野神社」の総本宮です。

Photo_5

本宮へ向かう脇道にも熊野古道があります。ずっとずっと私が若ければきっと、こんな道をあるいたことでしょう。ちなみにここの古道は「哲学の道」と名がついていました。

Photo_6

長ーい階段をのぼって、熊野本宮入口に到着。ここで、ちょっとためらいが生まれました。禁煙看板の上にもう一つの禁止の文字が……

Photo_7

横手に八咫烏の幟が見えますので、

Img_2986

行ってみました。

Photo_8

おや、まあ、真っ黒な郵便ポスト(使えます)に、八咫烏がとまっています。

Photo_9

日本のサッカーのエンブレムに使われてすっかり名が知られたヤタガラス、そのただしい由来がかかげられていました。

Photo_10

いよいよ熊野三宮参拝です。この「ご案内」の三宮を右から順に──

Photo_11

Photo_12



Photo_13

そして、

Photo_14

左からの全三宮をカメラにおさめました。
熊野本宮大社は、古式ゆかしい雰囲気を漂わせてています。
熊野古道は、高野山と熊野を結ぶ、自然崇拝の神の道です。中国からの伝来仏教と、我が国古来の神道が結びついた修験道など、多様な信仰の形態をはぐくんだのが熊野です。「アリの熊野詣」のことばがしめすとおり、かつては途絶えることなく、参拝・参詣の列がつづいていたのですネ。
明日の高野山参りが、ぐっとたのしみになってきました。

Photo_15

長く念願としてきた熊野本宮大社まいりはおわりました。山路をくだりながら考えた。もう一度お参りに来たいものだが、それは……ですね。
わかいときには、なかなかでかけられない。でかけられるようになったときには、からだがいうことをきいてくれない、まったくもって人生ってやつは思い通りにはならないものだ。今ごろになって気が着いたのは。まったくもっておろかのきわみ、だなァ。

|

« 熊野速玉大社 参拝 | トップページ | 熊野古道中辺地をちょこっと歩く »

紀伊半島めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515248/64324658

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野本宮大社参拝:

« 熊野速玉大社 参拝 | トップページ | 熊野古道中辺地をちょこっと歩く »