« 平泉毛越寺参拝へ | トップページ | 釧路空港→裏摩周湖→神の子池→斜里→知床 北海道・道東をツアーで再訪1-2 »

釧路空港→裏摩周湖→神の子池→斜里→知床 北海道・道東をツアーで再訪1-1

2008年8月21日に自転車日本一周で訪れた北海道・道東をめぐるルートをメインに企画された、3泊4日団体ツアー旅行に行ってきました。
自転車日本一周は、海岸に沿っての走行でしたので、おとずれなかった場所と、印象深かった場所、そしてこの8年の間にかわったところをよーく見てきました。5年間の療養でだいぶ健康を取り戻したカミさんを同道しました(むろん、キツさやあぶなっかしいポイントは忌避させました。乞うご安心を)。

Photo

羽田から釧路空港へ1時間35分のフライト。梅雨のない北海道なのにドヨーンと曇り空……

Photo_2

たんちょう釧路空港モニュメントで歓迎されました。

Photo_3

このツアーの足は、おおむねバス移動、斜里バスの運行です。総勢45人で、ほとんど高齢者です。最近目立っているのが、おひとりさま参加で、どうやら5名の方々も含まれているようです。

Photo_4

まずは、空港から向かう道路は、ご覧のような大きなフキの葉びっしり。

Photo_5

このツアーの特徴でもあるかのように?「トイレタイム」が頻繁にとられました。その最初が弟子屈温湯・道の駅。バイクで和歌山から飛んできたというライダーさんと、北海道めぐりを語り合いました。私と違ってテント泊はしないそうです。

Photo_6

最初の訪問地は裏摩周展望台。昨年4月の(驚いた吹雪のなかの)ツアーには、いわゆる普通の摩周湖展望台を見ました。

Photo_7

裏摩周湖展望台からの摩周湖の景色です。ポツンと湖面に黒点があるのは、中の島です。かつてのような世界一の透明度はなく、40メートル弱だそうです。

Photo_8

摩周湖から10キロほどの「神の子池」。摩周湖からの伏流水でできた池で、道道からの道路は砂利道。まだ、メジャーな観光地にはなっていないので、なかなかイイ池です。いわば新しく開発されたばかりの観光地といえるかも。

Photo_9

湧水量が多いのでしょうね、トウトウと流出川は誇らかに流れていました。

Photo_10

水も澄んでいて、池の底がすっかり見えます。水温も低いので微生物もいないでしょう、きっと。

Photo_11

浅いところに沈んでいる倒木も、コバルトブルーの底とあいまってよく映えていました。

早歩きもせず、せかされもせず、それぞれのペースで池の周りを散策しました。

あとで気がついたのですが、このツアー自体が、いそがずあわてず、をメインテーマにしているようです。ありがたいことです。このブログも、ちょこちょことアップしてゆくことにしましょ、っと。

|

« 平泉毛越寺参拝へ | トップページ | 釧路空港→裏摩周湖→神の子池→斜里→知床 北海道・道東をツアーで再訪1-2 »

あちこちの町歩き」カテゴリの記事

コメント

ナリアキラさんへ
ありがとう。ナリアキラさんも養生よろしく、それなりに(失礼かな)お元気な様子、よろこんでいます。
越中おわら風の盆にはわたしも二度行きましたが、そのつど宵越しで蒸し暑さの中で見物して半バテになって苦しみました。でも、行けるなら今一度行きたいものです。なにせ、東京空襲で焼きだされて、富山市不二越にのがれて一家でくらしていたものですから……。

投稿: 老拙 | 2017年6月28日 (水) 06:06

鳥取、北海道とアクティブに行動して居るようですね、健康体がそうさせるのでしょうね。羨ましいです。
私は病の為、遠出はままならず。体調はままですがね。

バイキング沢山食べられないには笑いました。私も同じですから。昔〃インスタントラーメン、ポリポリ食べたの懐かしく思います。


これからも、体力が続く限り、あちこちお出かけ下さい。素晴らしい写真等期待しています。

荘いえば一昨年、昨年と『風の盆』行きました。

投稿: ナリアキラ | 2017年6月27日 (火) 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515248/65446925

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路空港→裏摩周湖→神の子池→斜里→知床 北海道・道東をツアーで再訪1-1:

« 平泉毛越寺参拝へ | トップページ | 釧路空港→裏摩周湖→神の子池→斜里→知床 北海道・道東をツアーで再訪1-2 »