東京スカイツリー

寒空の東京スカイツリー

二月に入ったとたん、ガクーンと気温が下がった感じ。
もともと寒さには弱いので、縮こまった暮らしぶりになってしまった。

Photo

「東京空樹」だなんて、直訳もいいところ。でも、このことば、届いた年賀状に記されていた。年を重ねるに従って、右翼的な言辞を労する差出人の彼は、とうとう……こんなことまでするようになった、と哀しく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーへ行ってきました──その2

Photo

ガーンッ! 

強風が吹き荒れているので、本日はスカイツリーには入場できませんだって。
本日のぼれるのは、事前にチケットを購入した人だけ。
残念でした。

Photo_2

直近でツリー構造の組み立てを目にしながら、あえなく引き返すのは……。

Photo_3

こうして、足元の光景を見ても……。

Photo_4

商業施設──モ-ル、食べ物屋とお土産屋がメイン──からの、のぼりそこなったツリーの脚部を恨めしげに目にして帰宅しました。
いずれ日を改めて、風のない日に来ましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーへ行ってきました──その1

2月の気候に戻ったとかで、今朝はめっぽう寒い。
これでは自転車を走らせるのはムリ、せっかくなおった感冒を呼び戻したくない。というわけで、昨日の今日でなんだか安易な行動だが、カミさんも行きたがっている東京スカイツリーに行ってきた。

Photo

自宅からは、浅草行きのバスと地下鉄の乗り継ぎ、と交通機関にはめぐまれている。あるいても1時間半ぐらいだけど、ラクしたいので、地下鉄を利用。
半蔵門線で押上駅まで。押上駅の駅名標示は「押上(東京スカイツリー)駅」。

Photo_2

押上駅から通路を案内通りに進めば、スカイツリータウンの入り口。

Photo_3

まずはいったん外に出て、スカイツリーに表敬訪問のご挨拶を。

Photo_4

そうだよなぁ、スカイツリーの基礎工事をしていた時分には、たしかに生コン工場があった(とおもう)。こうして記念碑が設けているのは、たいしたもんだ──なぜ、そう感動したのかしら?

Photo_5

へぇー、スカイツリーの真下を流れる運河「北十間川」に「おしなり橋」が新しく架けられたんだ~。相変わらず汚く濁っているけど、その昔ヘドロのような流れにくらべたら、ちょっとはマシになっているのかも。
工事中は、このあたりで、ぐんぐん伸びて行く塔を。口を開けてみんなで見上げていたものだ。

Photo_6

で、商業施設「東京ソラマチ」入り口にもどる。

Photo_7

ソラマチ入り口前にモニュメントが建っている。
さぁ、いよいよツリーに上〈のぼ〉るぞ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーが500メートルを超えました

朝からテレビ各局で喧伝していますが、東京スカイツリーが500メートルを超えました。体調が思わしくありませんので、残念ながら近くで撮影することができません。マンションの我が家のベランダから記念に撮っておきます。あいにく大気もイマイチです。

P1130805

参考までに、4日前に墨田区の毛利公園で撮影したスカイツリーも披露しておきます。今日の状態と比較すると、先端部が若干のびているような感じかな……。P1130787

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向島から東京スカイツリーを見る――つづき

Photo

三囲(みめぐり)神社の境内には、銀杏の黄葉が敷き詰められています。

Photo_2

往時の賑わいはいまいずこ、かろうじてそれらしい建物が――向島見番前で。

Photo_3

墨堤(ぼくてい。隅田川の堤のこと)といえば長命寺ですが、おさまりきれないので、「長命寺桜もち」の山本やの軒を拝借して写真に収めました。

Photo_5

「長命寺桜もち」の道を挟んで「言問団子」があります。公平を保つためにとアングルをさがしましたが、どうにもスカイツリーといっしょにおさまりません。 この写真の右手高速道路わきに、お店があります。

Photo_6

ここは、そのむかし幸田露伴が小石川に転居するまでの「蝸牛庵」跡地です。すっかり一般住宅に囲まれています。小ていな公園になっています。

Photo_7

トンボのプラスティック消しゴムmonoにおされて、すっかりその名を知る人も少なくなってしまった「日の出むかいドリ」消しゴム本社前からのスカイツリーです。そういえば、町場の文房具さんがなくなってしまいました。学校前にはかならず文房具屋さんがあったものですが。いまは、消しゴムひとつ買うにもスーパーにゆかなければならないのですモノね。

さて、東京スカイツリー、まもなく500メートル超になります。そのときには、どこらあたりで撮影しましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ながらく養生していました――元気になりました

酷暑の中の自転車走ですっかり体調をくずしました。

しばらくのあいだ自宅で養生していましたので、ブログの更新はストップしたままでした。この間、たくさんの方々から問い合わせや、お見舞いをいただきました。ありがとうございました。

ただ、ぐだぐだした毎日をおくるのは趣味にあいませんので、せこせこと水彩画を勉強していました。いずれ、風景が描けるようになったら、旅のスケッチをこのブログにアップしてゆくつもりでいます。

どうやら、元気になりましたので、ボチボチもとの様子にもどります。

そこで、まずとっかかりに、497メートルまで成長した『東京スカイツリー』の撮影にでかけました。我が家からスカイツリー、スカイツリーから向島までのコースで、何点かの写真を撮ってきました。

以下順番に……(タイトル――撮影地と簡単な説明をつけます)

Photo

我が家(マンション7階)から――北西方向をのぞみます。

Photo_3

福神橋からの――北十間川(運河)も改築しています。

Photo_4

北十間川逆さツリー――このロケーションはまもなく変わるかも。

Photo_5

スカイツリー直下から見上げました。第1展望台から上は見えません。

1

その第1展望台を望遠――この上の展望台が回廊形式であることが、家からの望遠ではわかるのですが……。

Photo_2

東京スカイツリーそばの業平橋の二つ先・源森橋で――東武鉄道が走行中

Photo_6

牛嶋神社境内から――隅田川堤わきの神社。ゆかりの風景には撮れません。

Photo_7

そして、三囲神社から――かろうじて大鳥居を取り込めることができました。

東京都心とちがってそれほど高層の建築物はありませんが、それでも建物がミッシリ密集している下町ですから、500メートルになんなんとするスカイツリーの全貌を写真に収めるのはかなり困難です。草むらに沈む夕陽を写真に撮れなくなったようなものです。

ってことで、身体を慣らすための撮影散歩は、勝手知ったるガキの頃に親しんだ場所をあるきました。つづきはまた……

| | コメント (0) | トラックバック (0)